生存報告

shiosan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 21日

熱海デイタイム

朝はホテルのバイキング朝食。チェックアウト時間は12時だったので、朝飯を食った後、部屋でのんびりしてたら二度寝してしまった。
午前の遅い時間から女性陣と合流。タクシーを使い、隣接して建てられている熱海城と熱海トリックアート迷宮館へ行った。両方の施設に入れるチケットを購入し、まずはトリックアート迷宮館の方から入った。
目の錯覚を利用した不思議な絵や面白い写真が撮れる絵が数多く展示されていて、おもしろい!
三人の身長が極端に変化して見える部屋。
d0024764_21362055.jpeg
d0024764_21374524.jpeg
突然、壁を破って現れたマンモスに踏み付けられて死亡…(T ^ T)
d0024764_21392415.jpeg
散々楽しみ過ぎて、すでに疲れたので、熱海城は軽く見て回った。それでも、江戸のなぞ絵展という演し物の中で出題された、なぞ絵問題にかなり悩み、三人で力を合わせて何とか解くことができて、景品の熱海城ストラップを入手した。
その後、熱海の町に戻り、海鮮丼を食い、ぶらぶら歩き回っているうちに夕方になっていたので、締めのかき氷を食った。
d0024764_21475632.jpeg

[PR]

# by shiosan37 | 2018-07-21 21:53 | 生存報告 | Comments(0)
2018年 07月 21日

熱海ナイト

一昨日の昼間に会議設定の依頼をするため東京に電話し、事務職のアラサー派遣女性と久し振りに会話した。仕事の依頼を終え、ちょっとだけ雑談をしていたところ、金曜は休みを取り、少し名古屋に近付いた場所に同じ職場の派遣女性と遊びに行くとのこと。どこに行くのかと聞いたところ、熱海だと応えた。確かに名古屋寄りではあるが、めっちゃ東京側じゃん…と思ったのだが、「来たかったら遊びに来ていいですよ」と物凄く上から目線で言われカチンと来たが、口先では「おぉいいねー」と返事をし、電話を切るなり熱海のホテルを予約してしまった…。
というわけで、今日は仕事を早めに終え、新幹線で熱海に。オレは旅先では寂れた感じでタバコの吸える喫茶店に入るのが好きなので、熱海感が半端ない町並みに感動しながら歩き、見つけた喫茶店に入る。
d0024764_01251827.jpeg
アイスコーヒーを飲みタバコを数本吸ったら、とっとと店を後にして、ホテルにチェックイン。
古いホテルだが和室ってとこが渋い。
d0024764_01275807.jpeg
ホテルの露天風呂に入り、夕食のバイキング料理を家族連れやカップルの中に混じってぽつんと一人で食い、いかにも自殺場所を探しに来ました的な雰囲気を漂わせて周囲をどん引きさせた後、ホテルを出て女性陣と合流。
夜の熱海の町をうろうろ歩いて見つけた居酒屋に入り、飲みながら、ホントどうでもいい会話をする。
その後、夜の海岸に出て、花火。
d0024764_01320780.jpeg
あぁ夏だなぁ、と波音を聞きながら花火を見て感じていた。まぁここんとこ、名古屋はくそ暑く、あぁ夏だなぁ、とずっと前から嫌というほど思っていたのだけど。

[PR]

# by shiosan37 | 2018-07-21 01:38 | 生存報告 | Comments(0)
2018年 07月 16日

今日のリフティング健康生活

いつか世界を舞台にした時、色々な気候条件の下で試合をしなきゃいけない。暑さにも慣れておく必要があるであろう。というわけで、熱中症警報が出ている、この3連休は暑さに慣れる良い機会なので、1日1時間ぐらいは外に出て公園でリフティング練習をした。
一昨日はブラジル人グループとミニサッカーをやったが、今日はリフテイングをやっていると公園沿いの通りから自転車に乗った男がオレの方をじっと見ているのに気がついた。視力はそんなに良くないので、なんかこっちを見てる?ぐらいしか分からなかったので気づかない振りをしていたが、やがてふらふらと男が自転車に乗って公園内に入ってきて、こっちに近づいて来た。
すぐ側まで男が来たので、軽く会釈した。ブラジル人の20代後半から30代前半ぐらいの男だった。ガイジンの年齢は良く分からん…。
オレが笑顔で挨拶をしたのを見て安心したのか、男は自転車から降りて近づいてきて、片言の日本語で、ちょっとやらせて、と言ってきた。オレがボールを渡してやると、彼はジーンズ姿のままサンダルを脱いで裸足になり、リフティングを始めた。
抜群に上手いといった感じではないが、オレよりは当然全然上手い。何よりも楽しそうだ。裸足でボールを蹴っている姿が、まさにオレがステレオタイプ的に持っているブラジル人のイメージに近くて、ちょっと感動してしまった。
やがて彼がボールを蹴って渡してきたので、しばらくの時間、二人でボールをパスし合い二人とも汗だくになったのであった。
オレが子供の頃はまさかこんな町になるとは想像もしていなかったが、高齢化で日本人が減り、ブラジル人労働者が増え、知らない間に実におもしろい町になったよなぁと思う。

[PR]

# by shiosan37 | 2018-07-16 22:28 | 生存報告 | Comments(0)