生存報告

shiosan.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 24日

奇跡の人

赤ん坊に接するといろいろと学ぶことが多い。なみこの子供は、もっと食べたい時は、母親に向かって、「もー」と言う。英語のmoreのことらしい。自分で歩きたいときは「うぉー」と言って、walkしたいことを主張する。アメリカの子供はこうやって英語を覚えていくのか、と妙に納得した。さらに、なみこの子供が水を飲みたいと、コップをちっちゃな手でつかみながら「わら」と言ったときは、見守る大人たち一同の頬に涙が伝ったのをオレは見逃さなかった。
[PR]

# by shiosan37 | 2017-05-24 07:43 | 生存報告 | Comments(0)
2017年 05月 21日

10年ぶりの再会

なみこが2才になろうとする子供を連れて一時帰国したので、池袋でnon、ジョン、家畜を交えて食事会をすると聞き、オレも参加させてもらった。
なみこは日本に戻るのが10年ぶりなので、当然10年ぶりの再会となり、nonやジョンや家畜ともここしばらく連絡取ってなかったので5年ぶりぐらいになる。ふぞろいの林檎たちなどの青春群像ドラマが10年後ぐらいに当時のメンバーが集い、その後のそれぞれの生き方を描いたスペシャルドラマ風な感じがあり、おもしろかった。実際に会ってみるとドラマとは異なり、別に皆それほど何も変わっていなくて、ちょっと驚いたのだが、考えてみると、人生はある時点ぐらいから、同じことを繰り返してるだけだから、まぁそんなもんだよね、と思ったりもした。
なみこは、オレが激太りしたと聞いていて、会った時にオレと分からなかったらどうしようと思っていたらしいが、そんないくら太ったといっても、アメリカとかみたいに太り過ぎて動けなくなって家を壊してクレーンで運び出す的な太り方はそうそうしないと思うのだけれども、10数年前になみこと一緒に秋葉原に行った時に、当時の秋葉原は相当マニアな男性陣がうじゃうじゃ集う場所で、初めて秋葉原に接したなみこが、その光景を見て、こんな所に来たら誘拐されると真面目にビビっていたという、彼女独特の思考法は健在であることが分かって、妙に安心した。
ちなみに、なみこの子供はハーフだけあって天使のようにかわいらしかったのだが、その子がオレに接する態度は、異なる生物種の生き物に出会った感が半端なくて、非常にウケてしまった。来週、なみこ家族はディズニーランドに行くらしいのだが、きっとなみこの子供のあいまいな記憶の中では、ディズニーランドで出会う着ぐるみ達とオレが一緒くたになるのだろうなぁ…と思った。
なお、家畜の夫であるニュージーランド人のJ氏は参加しなかったのだが、10数年ぐらい前にオレと会った時のインパクトが何か彼の心に大きな陰を残しているらしく、家畜が帰宅するなり、なみことの10年ぶりの再会の食事会だったにも関わらず、開口一番、オレはどうだったか?と尋ねられてウケた、と家畜からメッセージが入っていた。



[PR]

# by shiosan37 | 2017-05-21 15:10 | 生存報告 | Comments(0)
2017年 05月 21日

2つのセゾン

欅坂46の「二人セゾン」への返歌として作られた「わたしセゾン」。
本歌そのものが、まぁ何らかの形でセゾングループと関係があるんだろうなぁとは思ってはいたが、いよいよ、クレディセゾン社が東池袋52を結成し、「わたしセゾン」を発表!こういった広がりを見てると、48系アイドルグループといったフォーマットや二人セゾンという曲の持つフォーマットが優秀ということであろう、それにしても本社や関連会社の女性社員から選んでアイドルグループを作ったというのは、このご時世に企画通すのは、いろんな意味でかなり根性要りそうではなかろうか、などなど考えつつも、それはそれとして、「わたしセゾン」の出来の良さに感動しており、この週末は本歌と返歌のPVをヘビーローテして、ニタニタとしながらディスプレイの前に張り付いている。

欅坂46「二人セゾン」
東池袋52「わたしセゾン」
じっとPV見ているだけでは健康に良くないので、バランスボールに座りながら、時々、腰を動かしてボールを前後左右に転がしたりといった運動をするようにしている。



[PR]

# by shiosan37 | 2017-05-21 14:35 | 生存報告 | Comments(0)