2017年 04月 19日

春の京の都を旅する

やばいやばいやばい。
生存報告と銘打っているのに、文章やネタが思いつかないと、まったくブログを書く気を失ってしまう。
ブログは、ライフログとしての性格もあるので、ただ写真を載せるだけでも良いので更新していこう。

というわけで、4月13日の木曜夜から4月16日の日曜日まで、春の京都を散策してきたので、その時の写真を載せる。

オレが泊まったホテル近くにあるキャベツ畑。いかにも京都らしい風情のある畑である。
d0024764_22503300.jpg
さすが京都だ。この大きさの写真では見えないと思うが、団地そばの畑の一角に「中宮塚陵墓参考地」などというものがあった。陵墓参考地とは、皇族の墳墓と認定されたが、誰が入っているかは分からない墓を指すらしい。ホントかよ…と思ってしまうが、宮内庁の看板が立っていて、みだりに入るなとか、魚鳥を取るなとか、竹木を切るなとか書いてあった。
d0024764_22515198.jpg
京の町角にあった富士山仙女という方の占いの店。店の前を通り過ぎただけ…。
d0024764_23010838.jpg
淀の町角。京ならではの趣がある。
d0024764_23011354.jpg
淀の旧京阪国道をひたすら歩くと、HOTEL W STYLEとティアラというラブホ2軒が並んで立っていた。
d0024764_23011812.jpg
淀の住宅街で見つけた、飛び出し坊や。
d0024764_23012722.jpg
桂川沿いの土手に咲く菜の花。写真が小さくて見えないと思うが中央部に「耕作禁止」の看板が立っている。こんな公共の土地を勝手に耕しちゃう奴が居るんだろうなぁ…さすが京都、奥が深い!
d0024764_23013471.jpg

[PR]

# by shiosan37 | 2017-04-19 23:21 | 生存報告 | Comments(0)
2017年 02月 19日

新大久保でタッカルビを食う

聡子の長女と次女とで久しぶりに食事をする約束をしたので、朝10時頃家を出て新大久保を目指した。新大久保駅の町は韓国化しているという噂は聞いたことはあったが、下車したのはおそらく生まれて初めてだ。
新大久保は駅も歩道も狭いが、多くの人が行き来していた。しかも感覚的には歩いている人の7割ぐらい女子中高生ぐらいか?何ともまぁ若い町である。
次女と先に合流したので、とりあえず、今日のランチとして食べることになっている、生まれて初めて聞いた名前の料理であるタッカルビを出す店に二人で向かった。
iphoneのグーグルマップで店の場所を見つけ、歩いて行くのだが、オレはグーグルマップにまるで慣れず、一体今どこに居て、店のマークの場所まで、どっち向きに歩いて行けば良いのかちっとも分からない。次女はオレのiphoneを奪うと、画面をしばらく睨んでいたと思ったら、こっち、と言って歩き始め、ファミマを越えた角辺りなどと即座に店の場所を見つけだしたので、かなり驚愕した。

狭い歩道には韓国の店が並んでいる。

d0024764_23364276.jpg

歩いている人は幼い顔をした女性が多い。
d0024764_23364672.jpg

今日の目当ての店「市場タッカルビ」。
d0024764_23365018.jpg

店の前にはすでにお客さんが並んでいた。
d0024764_23365772.jpg

入り口近くに予約のために名前を書くボードが置いてあり、まだ朝の11時過ぎにも関わらず、オレたちの前には50名ぐらいの予約が入っていた。休日の昼間は2時間待ちとからしい。
それでも中高生の子たちは普通に名前を記入している。ディズニーランドなどのテーマパークで並ぶことに慣れきっている感が半端なく、その一流感に圧倒された。
長女も合流し、予約ボードに名前を書いたので、近くの喫茶店に移動。これから2時間待ちということで、お茶を注文した後は、スマホを取り出し、3人が3人ともスマホゲームのヘイデイを起動し、野菜を収穫したり動物にえさをやったり生産物を売ったり、互いに生産物を交換したりしながら、時間を過ごしたのであった。
そして当然オレは、30分毎に喫茶店を出て、タッカルビの店の予約ボードを見に行く係だ。最初の30分で予約ボードを確認した時、オレたちの前のお客さんの5分の1ぐらいに横線が引かれ案内が終わったことを示していた。まだ5分の1しか消化していないのか…。
結局2時間半ぐらい待ち、店内に案内された時は、1時半近くになっていた。
注文したチーズタッカルビ。鉄板の上で肉や野菜が焼かれ、真ん中に広がったチーズを付けて食べる。甘辛く濃い味でなかなか癖になりそうな味だ。
d0024764_23370107.jpg

他にチヂミとチャプチェを頼み、3人では食いきれない量であったが、韓国料理を堪能したのであった。

帰りに駅に向かう途中で韓国アイドルらしい3人組をファンが行儀正しく取り囲んでいて、いかにもそれらしい光景も見れて、なかなか楽しい町だった。
d0024764_23370792.jpg

[PR]

# by shiosan37 | 2017-02-19 23:34 | 生存報告 | Comments(0)
2017年 01月 27日

走る男

年に一度の健康診断でここ数年は毎回メタボだの心臓左心室がどうのこのだの言われ毎回結果がD判定で要精密検査だと脅されるのだが、そもそも病院に行くと健康を害すような気がするので、精密検査は一度も受けていない。
とはいえ、次の2月の健康診断前には、せめて減量ぐらいはしようと、昨年暮れからジョギングに挑戦する気満々になっているのだが、朝起きると、とても寒く、こんな寒い時に外に出たら、健康を害して、次はD判定よりも悪いE判定になるのではないかと思って二度寝する毎日が今年に入ってずっと続いていて、まだ一度もジョギングしていない。
走れないことに気にしすぎると、これまた健康を害して、E判定になったりするといけないので、至って気楽に構えて、まぁ走る気になったら走ればいいよね、ぐらいに考えているのだが、ジョギングできないことが無意識に心の重荷になっていたようで、昨夜は、掛け布団を肩から羽織るようにして上半身に巻き付け、両手で掛け布団を器用に押さえながらジョギングをしている夢を見てしまった。

[PR]

# by shiosan37 | 2017-01-27 22:09 | 生存報告 | Comments(2)